×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

戻る

Cryptic Writings 
Chapter:4

  第0話 予告編

 人間は、自分の存在を確かめるように生きている。


 東京近郊。
 何の変哲もない、町並み。平和と共存した危機があちこちに溢れる街。


   夢

『一件目』
 電子音の後、聞き慣れた声が聞こえた。
『ああ、耕一?えーと…11月21日からの休み、行くから』

 唐突な梓からの電話。

「…ごめん」
 耕一が口を開こうとすると、梓が小声で言った。
「あたし…その…急に押し掛けて、ごめん」


   現

 だが存在とは、自分で認識するだけでは存在とは言えない。


「…そう…なんですか…」
 千鶴は急に力が抜けたように両肩を落とした。
「ええ、恐らく」


   幻

 存在が存在として確かめられるには、他者の確認が必要になる。


――…繰り返さない自信が俺にはないんだ

 幾つもの過ちと、繰り返される苦しみの連鎖。
 それから逃れるには、ただひたすら足を進めるしかないのか。


   偽

 自我が他者との境界を失った時、恐らくそれは恐ろしい永遠の孤独。
 満たされた永遠の孤独を。


「…ユウ…今どこにいるんだ…」

  虚構と現実。
  幻と夢。
  偽と嘘。 

――お前達の墓標には、もったいないほどの名前だ


   虚

 嘘でもいいから、刹那的に自らの存在を証明するものを欲しくなる。


『コード1092と現在交戦中 頭部損傷 現在72%の損害を受けました 自爆の許可を』
『…許可する』


 そして彼は全身の筋肉に音を立てさせる。
 鬼の力を解放に近づけるのだ。
「取りあえずこいつらをやっちまおう」


 今の彼女の格好は、タイトなジーンズに簡単な上着だけ。
「風邪ひいたらお前らのせいだぞ」



  Cryptic Writings
  chapter 4:Sweet Child o'mine



「姉さん、だから姉さんにお願いしたいの。…耕一さんの事、好きなんでしょう?」


        ―――――――――――――――――――――――



back top next index