×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

戻る

コンサート


 無理を言わなくても切符は手配してくれる。
 多分、他の人から見れば羨ましいだろう。
 チケットべあでも販売即売り切れの由紀のコンサートのチケット。
 朝寝坊したら、ポストの朝刊に挟んであった。

 そんなわけで、今悠々と会場に向かっている。
 駅を降りてすぐのところだ。
「券買うよ券買うよ〜。余ってる券買うよ〜」
 ダフ屋だ。
 犯罪なんだけど、何故かまかり通っている。
 自覚ねーんだろうな、どうせ。
 それに、儲かりすらしねーだろうに。当日限りの切符なんぞ。
「アリーナあるよ〜」
 だから、どういうルートで手に入れたんだよ。
 群衆が半ば馬鹿にするようにして彼らを見つめながら歩いていく。
 しばらく行くと群衆の雰囲気が変わる。
 奇妙な物を見る視線と、ざわめき。
「券いらないよ券買わないよ〜余ってても買わないよ〜」
 はるかだ。
 …何やってるんだ、あんな所で…
「あ、冬弥、券余ってるんでしょ?でも券買わないよ〜」
「こっ、こら、名前を呼ぶなっ」
「だから券買わないってば」
「…何やってるんだよ」
「ダフ屋もどき」
 いつか殺されるぞ、お前。

 因みにコンサートの帰り、まだ彼女はのたまわっていた。
 一体何しに来てるんだろう…


top index