×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

戻る

 がんばれボクらのクリスマス


 クリスマス。
 普通の人間なら、この日はお祭りである。
 それもどちらかというと『しめやかな』ものになる。
 雪でも降ろう物なら、とんでもない事になる。

「ふふふふ」
 かちかちと意味もなくシャープペンシルをノックして、芯をぽきぽき折るのが幸せ。
 最近はこのかちかちが幸せ。
「こわれてしまえ。みんなみんなこわれてしまえ」

 普通じゃない人間でも、お祭りをやるにはやる。

「ぅるぁ、こ〜いちぃ、何でおまえ二人もいんだよぉ」
「梓、シャンパンで酔うなんて…おい、これスパークリングワインじゃねーか!」
「るせぇぞぉ、かたひおというなよぉ、ほら飲めよ」
 むんずと肩に回された腕に、無理矢理口にねじ込まれる瓶。
「ごぶごぶぶぶぶ」
「きゃはははははは、へんなかぉ」

 いい感じに過ごす奴らもいるかと思えば、それどころでもない奴らもいる。

「ルミラ様ぁ、今日ぐらいいいでしょぉ?」
「ダメ。誰のせいで借金が雪だるましてるかわかってるの?それに書き入れ時よ書き入れ時。休めないの」
 元魔族の貴族、ルミラ=ディ=デュラル、幸せからはまだほど遠かった。
「へー。エビル、それ、結構いかしてるんじゃないかい」
「…一応死神なんですけど」
 サンタの格好をしたエビルは、相変わらずの半眼でつまらなさそうに言う。
「気にしない気にしない。それにお金をもうけなきゃ、ルミラ様の機嫌が悪くなるし」

 我関せずにあまーい時間を過ごす人間もいるんだけど…

「ふふふふふふふふふ、こわれてしまえこわれてしまえ」
「ぃいいいいいっ、んもー勘弁ならん!梓!いてこましたる!」
「むぁった借りた衣装燃やしたわねこのど腐れ外道がぁっっっ」

 あちこちで、悲鳴やら阿鼻叫喚やら世界の破滅が訪れてたりする。

「へぇ、これがくりすますですか」
 こら、HMX-12、まとめるな。


いんでっくす  とっぷ