×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

戻る

「んー、いい天気」
「風も強くないし。ピクニックには最高なんだがな」
「そよ風が吹いているんだったら、それだけでいいじゃない」
「…まぁな」
「お花は用意したでしょ?それにお菓子も」
「酒は?」
「何言ってるの、未成年だったじゃないの」
「じゃ、未成年なのにあんな事したんだ」
「うーっ!人の忘れたい思い出をつつかないでよっ!」
「はっははは。ま、大したことじゃねーじゃねーか」
「もう」
「…もう一年になるんだな」
「そうね。あの時、もう少しあたしがしっかりしていれば」
「ばーか。言っても仕方がないだろう。そんなこと言ってたらいつまでも成仏できねぇだろうが」
「…うん」
「例の彼氏はどうなった?仲良くしてるか?」
「う、ま…ね」
「何だ。その様子じゃけんかでもしてるのかよ。全く、人騒がせなカップルの癖に」
「な、何よ。別にあたしはね」
「なに?…ふーん、あ、そう。いーの?そんな態度で」
「なっ」
「言っちゃおうかなぁ。あんなことやこんなこと」
「…」
「ばっ…馬鹿、冗談だよ冗談」
「あんたの冗談は冗談に聞こえないの」
「だからってやめろって危ない」
「だーいじょーぶ。悪い物しか切れないから、安心して刺さって」
「馬鹿やめろって、もうすぐアノルの村に着く」
「あ」
「ほら、見えてきた」
 

「律儀に毎年通ってるのか?」
「うん、まぁ、せめてもの罪滅ぼしにね」
「ティリア、お前ほんとに馬鹿だよな」
「むっ、何がよ」
「罪滅ぼしじゃ、ねーだろ?助けてもらった感謝にきてるんだろうが。
あの娘だってお前だったから助けようとしたんだ」
「…」
「だから、彼氏は大切にしろよ。何しろ人の命一つで助けたんだからな」
「そうだよね」
「世界も救った」
「うん」
「それさえ忘れてなければいいさ。ほら、元気だしなよ」
「ちょ、ちょっと」
「何、どーせ溜まってるんだろ?すぐすっきりさせてやっから」
「何考えてるのよっっっっ」
「…い、いひゃい…」
「全く、あのまま海の底に沈んでしまえばよかったのよ!」

「今日はさんきゅな。また誘ってくれよ」
「うん」
「ただし、次は彼氏も連れてこいよ。次も仲が悪いようならようしゃしねえからな」
「…そん時は呼ばないわよ」
「ふん、じゃあな」
「うん、元気でね、サラ」


top index