×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

戻る

君のいる風景

 ぽつ、ぽつ。
 雨が降り出した。
 静かに重くのしかかってくる暗い空に、風の音。
 そのうち淀んだ空気がじっとりと肌を撫でる。
 空気が湿気を増してくるに従って、自分の存在感もゆっくりと奈落の底に落ちていくようだ。

 男ははっきりした意識があるのに、不思議なことに夢見心地でそこにいた。
 やがて雨は激しく窓を叩きつけて、男の耳を刺激した。
 右手にある冷たい金属の感触が、唯一この世と彼を繋ぐ接点だった。

 硝煙の匂い。
 薬夾が地面を叩く瞬間が、やけに間延びして聞こえた。
「は、ははは」
 笑い声?
 いや。
 緊張のあまり喉から零れた空気を振るわせる、ただそれだけのもの。
 それは音。
「…」
 一度。
 二度。
 三度、四、五、六度。
 彼は震える指で引き金を引き続けた。
 自分の名を紡ごうとする口が怖くて。
 怖くて、怖くて。ただひたすら、ハンマーがただかちかちなるだけになっても引き続けた。
 自分の、かつて憧れていた女性に対して。

 もうすぐ警察がくるだろう。
 銃声はこの閑静な住宅地に十分聞こえていたはずだ。
――それでも俺は…
 それだけで済むはずはない。
 しかし、彼の心の中には一切の恐怖も迷いもなかった。
 あの寸前までがたがた震えて、銃を握るのも考えられなかったというのに。

 大丈夫だ。

 どこからかそんな声が聞こえた気がした。

 まだ、弾はある。

  にたぁ

 やがて警察は、元彼女の部屋に突入するだろう。
 彼が仕掛けたブービートラップが、女性の部屋を粉々に吹き飛ばし、そしてビルその物を倒壊させるだろう。
 もう怖い物などない。
 怖くなんかない。

――でも、きみのいないせかいにはいきていけそうにもない

 そして彼は立ち上がった。世界という名の敵に、一矢報いるべく。


top index