×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

戻る
静寂

雨。
完全な無音ではない、優しい静寂。
灰色のくすんだ静寂の中で、二人の人影が向かい合っている。
無言。
ただひたすらに打ち付ける冷たい雨が、二人の身体を冷やしていく。
一人は驚いた――それも僅かに目を丸くした感じで澄まし顔。
もう一人は――こちらは女性だが、逆に眉を顰めて咎めるような表情。
追いかけさせた女に、追いかけてくれた男。
男が必死になって口を動かしても、もう女性には届かない。
いや、男の意志は必死でも、彼の奥底ではそれを認めようとしない何かがある。
僅かに脈打つそれは――本性?

にっこりわらいかけて
ニヤリトクチモトヲユガメテ
やさしいことばをつむいで
ホンノウトヨクボウニミヲマカセテ

本当なら追いかけて欲しくなどなかった。
追いかけてくるなんて、女の子の気を引くようなまねをさせたくなかった。
男の性格を熟知しているとは言い難かったが、女にはそれが気にかかった。
優しい人。
評判通り追いかけてきてくれた。
冷たい雨の中抱きしめることすら忘れて。
ただひたすら、
驚きを隠さない表情を浮かべて。
その表情が何に対する驚きなのか、女は考えた。
いや、知っていた。
何故?
知り得ることはなかったはずだ。
それに対する驚き?
いや。
女がそれを知っていたのは、学校中の噂だったから――曰く妹に狂っていると――。
そうではない。
男が、『何故こんなところでこんな女のために』という自問する時の顔だ。

冷たい。
雨が。
頬を、
つたって。


top index