×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

戻る


ホテルでかんづめ(競作『くだもの』)

「ほら、気合い入れて描かんかい!」
 修羅場。
 わざわざ同人誌を書くために用意されたホテルの一角。
「寝とる場合やないでぇ、明日までにのこり30ぺーじ!」
 さるイベントのために由宇と和樹は缶詰だった。
 隣近所もどうせ同類が泊まっている。気にする必要もない。
 インターネットで『イベント参加者で団体でホテルを取ろう』というキャンペーンをやってて、ちゃっかり便乗したのだ。
 たしか、今回も企業ブースで出展している某企業だと思うが、覚えていない。
 又由宇に呼ばれて来たのだが、まず部屋に入って驚いた。
『そや、うちらの部屋はダブルやで』
 和樹はだまされたと思った。
 一応、猪名川は女の子である。同じ部屋にされるとは思わなかった(休めると思っていた)。
『何甘えた事ぬかしてんねん。どうせ徹夜や、ベッドの数が一つぐらい少なくても構えへんやろ』
 そして、両手を自分の後頭部に回してにっこり笑う。
『それに別々より安いし』
 そんなこんなで、結局日がな一日奴隷の如く書き続けているのだ。
――…しっかし、由宇の奴やたらと元気だなぁ
 色気のない分、元気があるのだろうか?
「なぁ、由宇」
 ちら、と眼鏡の間から彼女の上目遣いが見える。
「…せめて飯喰わせてくれよ」
「あかん。そんな暇あらへん。それにな、和樹。お腹空いてる方が目ぇ覚めてええやろ」
 …無茶苦茶な理屈だ。
 由宇が目線を元に戻した時。

  くぅ

 空気が凍り付いた。
 由宇のペンが止まる。
「ほら、由宇、お前もお腹空いてんじゃないか」
 返事はない。じっとペンを持ったまま固まっている。
「…由宇?」
「聞ーいーたーなー」

  ごごごごごごごごごごごごごごごごごごごごご

 彼女は目を吊り上げてゆっくりと身体を起こしていく。
 背中に『ごごご』と平仮名を背負いながら。
 若干DHPまるもじ体入ってて怖くないんだけど。
 既に右手にはペンからハリセン(目覚まし用:別名気合注入棒)に武装変換を終えている。
 顔が怖い。
「いいい、いやなんにも俺は聞かなかった、知らない、許してくれ」
「いーや勘弁ならーん」

  くう

 二度目。それも先刻より大きい。
 しーん。
 …
「あ、あはははは、しゃ、しゃーないか。…るーむさーびすでも取る?」
「んなら初めからぼこぼこにするな」
 和樹は、顔を真っ赤にした由宇にぼこられていい加減ふてくされている。
「んなん…気にすんなや」
 はーとまーくを飛ばしながら和樹の肩をぽん、と叩いて由宇は電話に向かっていった。

「…んで、これ?」
 届いたのは大きめの皿の上に載った、山盛りの果物。
 フルーツ盛り合わせとか言う、飲み屋では鬼のように高いあれだ。
「そや。空腹はこれで紛れるやろーし、それに何つーても柑橘類は目が覚める」
 早速それを鏡台において、原稿を皿から遠ざける。
「…判っとるやろうけど、原稿の側に置くなぁ」
 言いながら二つ三つ、ミカンを口に含む。
 む。
 由宇の目つきが急に鋭く変わる。
「これ、手抜きや」
「な、何が」
 きっと和樹に目を――矛先を?向ける。
「見てみい、これ。生やないで」
 と彼女が指さしたミカン。
 既に皮もなく、シロップで光っている。
「缶詰のミカンや」
 いや、普通のビジネスホテルなんだからさぁ。
 和樹は思って一口口に入れる。
「な?」
「い、いや、なって言われても…」
 ただの缶詰のミカンだ。
「あかん、これやと目ぇ覚めへん。眠くなってしまう」
 喋りながらぱくぱく食べている。
「お、おい」
 ぱくぱく。
 ぱくぱく。
「リンゴもあかん。こんなに甘いリンゴなんか食べたら眠ぅなってまう」
 ひょいぱくひょいぱく。
「いや、これもだめ」
 ぱくぱく。
「ちょ、ちょっと由宇」
 止める暇もない。
 あっという間に皿が空っぽになってしまう。
「ふー、喰った喰った。美味しかった」
「…由宇、お前、果物好きか?」
 彼女は嬉しそうに大きく頷いた。
「うちの大好物や」

 その後、和樹が一人で30pあげたのは言うまでもない。


top index