×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

戻る


雨月山の鬼祭り


 笛や太鼓の音。
 どこに行ってもお祭りの雰囲気に満ちている。
「ねぇ、今日はお祭りなの?」
 背の高い親に手を引かれながら、少年が聞いた。
「ああ」
「だったら今日はお祭りを見に行ってもいい?」
 父親は僅かに眉を曲げたが、無言で頷いた。


 隆山で行われる祭りの中でも、もっとも有名な祭りがある。
 多くの山車が練り歩くこの祭りは、俗に『鬼祭り』と呼ばれている。
 何故か、少年の記憶の中には囂々という祭りの雰囲気と、騒音と、山車しか残っていない。
 どこからか鳴り響く太鼓の音が体中を振るわせる。
 人々の怒号の様な叫び声がうねりを持って揺れている。
 だが、それはあくまでも祭りの記憶。
 決して楽しくないはずは、ない。
 でも、耕一の記憶からその祭りの記憶はほとんど消え去っていた。
 奇妙な寂しさと共に。


「皮肉だな、この日に『鬼祭り』とは」
 父親は暗くなった山道を見下ろしている。
 祭りの囃子の音も、歓声も聞こえてくる。
「…賢治」
 柏木賢治は、兄の声にゆっくり振り向いた。
 頬は削げ、窶れた顔には昔の兄の面影はない。
「なんだ、兄貴」
 そこには未来の自分の姿を映しているようで。
 僅かに胸の奥が痛んだ。
「…多分…もう永くない」
 まだ人格を保って仕事をしているのが奇跡なぐらい、かすれた声で言う。
「ああ、ヤバイから来てやったんだろ」
 賢治の喋り方に兄は肩をすくめ、そして僅かに笑みを浮かべて目を閉じる。
「お前は…まだ大丈夫か」
「ああ」
「もし、俺が…逝っちまったら…後はよろしく頼む」
 発作の周期が短くなっていると彼の妻から聞いている。
 彼の妻も既に覚悟した目を見せていた。
――…耕一とあいつは…殺したくはない
 兄の言葉をかみしめるように頷いて、彼はもう一度窓から外を見つめた。
――本当に皮肉な…祭りだ
 何も知らない人間達が、ただ、伝統の祭りだと聞いてはしゃいでいる。
――俺も、近い将来…
 耕平は無言でその場を立ち去った。
 祭りに出かけている耕一を迎えに行くために。


 何故かその時、少年は一人でその祭りを見つめていた。
 彼以外の人間は、どこの誰とも判らない人間達ばかりだった。

 暑い夏の、ある一日の出来事だった。


top index

top index