×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

お前は柳川か?

戻る


「柳川さん」
 貴之はいつものように、笑みを浮かべて言った。
「俺、犬を飼ってみたいんですよ」
 なに?
 お前も狩猟者か?
 柳川は貴之の肩をぽんぽんと叩いて、
「嫌なことがあったのか?犬にいじめられたのか?」
「え、いや…違うっスよ?どうかしたんすか?」
  あ、
  ああ、狩ってみたいんじゃないのか。
「いや、気にするな」

 次の日。職場で長瀬警部が言った。
「柳川、お前、今度頭刈ってこい」
 何?
 お前、俺が狩猟者だって事を何時から気づいていた?
 …次の獲物はこいつか…
「お、おい、何を睨んでいるんだ。お前の髪の毛はいくら何でも長すぎるだろう?鬱陶しいから切ってこい」
  あ、
  なんだそうか。
  髪を刈ってくればいいのか。
「は、はい。分かりました」

 とある、休日。つり場にて。
「餌が切れたな。柳川、ちょっくら餌買ってきてくれ」
「…ああ…」

 その時の柳川の目は鋭く冷たかった。

top index