×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


戻る


「大学、卒業したらどうするんだ?」
 あたしの答えはもう決まっていた。
 多分耕一達が反対するだろう事も、簡単に想像できた。
「あたしは――」

星の見えない夜空に

 耕一が鶴来屋の会長職に就き1年。
 梓の大学卒業を目の前にして、彼は千鶴と結婚した。
 広い柏木の屋敷には今、大学浪人中の楓を含めて3人が生活していた。
 梓は東京の大学に。
 初音は、ひょんなことから芸能界入りを果たして女優として活躍中。
 存在感のある演技で既に主演として映画出演も果たしている。
 実年齢と外見の差から『日本のナタリー=ポートマン』と言われたとか言われてないとか。
「今回は巧くいくといいんですけど」
 楓は、あれだけ優秀だった高校の成績が、受験の時になって急に低下。
 結果2度の浪人を経験している。
 彼女はがんとして大学に行くと言って聞かず、結局今回で3回目の受験になる。
「結構頑固なところがあるからな、楓ちゃんは」
 聞いても教えてくれないので、彼女のやりたいようにさせている。
 あとは大学卒業を目前に迎えた梓の進路だけが、今目前にある問題だった。
「梓はどうするつもりだと思います?」
 小首を傾げて穏やかに聞く千鶴。
 耕一は口元を歪めて肩をすくめる。
「どうだろう、彼奴も跳ねっ返りだから判らないな」
 ごく普通に大学に入学して、人並みの成績で平凡に過ごしている彼女。
 このままどこかの会社にでも就職して、ごく普通に結婚でもするつもりだろうか。
――…似合わん
 梓がスーツを着てパソコンに向かうのを想像して思わず吹き出す。
「会社に就職しても似合わないのになぁ」
「どこかの料理屋にでも勤めれば最適だと思いませんか」
「…妥当な線だろうな」
 白い服を着てキッチンを忙しく立ち回りながら料理する梓。
『頑固一徹、アイアンシェフ』
 耕一は台所に入ろうとするたびに追い出されていた千鶴を思いだした。
「いや、似合い過ぎか」
 言い直して千鶴の顔を見返して微笑んだ。

 熱された油に水分が触れる時の香ばしい音。
 かんかんという金属音と、回り続ける換気扇が立てる音。
 いくつもの喧噪の中で、彼女は立ち回っていた。
「はい、炒飯できたよっ」
 手慣れた動きで次々に料理が出来上がっていく。
 夕飯時のラーメン屋、最近バイトの女の子が評判の店。
 でも、彼女はカウンターではなくて奥の厨房で働いているという。
「お疲れ、とりあえずはけたよ」
 終わった伝票を片づけた主人が厨房に声をかける。
「はーい」
 てきぱきと道具を元の位置に戻して、梓は返事を返した。
「店長?今日はもう上がって良いですか?」
 ラーメン屋というのは、大凡のとこ一日中営業というのはない。
 この店は昼は14時まで、夕方は6時から12時までという。
 梓はこの夕方の時間のみの出勤、と言うわけだ。
「ん?早いな?どうしたんだ」
 時計はまだ8時を差したばかり。本来ならまだ4時間はある。
「うん…でも、昨日もそう話して置いてるでしょ。覚えてない?」
 だから、今日は厨房にもう一人助っ人が来ている。
 いつもであれば一度に5人の注文まで対応できる彼女一人だけで切り盛りしているのだが。
「いや、判ってるよ。たまには勉強する時間が欲しい、だろ?」
 親父は人の好い笑みを浮かべて親指を立てる。
 梓もそれにウインクで返して、更衣室に入る。
 ラーメン屋も含め、中華料理のように油を多く使う場合、服に匂いが染み付く。
 これを嫌って(まぁ、制服があるのはこのせいでもある)厨房では専用の服を着る。
 今日着ていた名前入りの服をクリーニング用の篭に放り込んで、自分の服をロッカーから出して着替える。
 青いジーンズにTシャツ、少し大きめのジャケット。
 多分胸がなければ男で通用する格好だ。
「じゃ、お先!」
「おつかれ〜」
 荷物を肩からかけて、彼女は裏口から店の外に出る。
 ここから自分の住んでいる下宿まではおおよそ30分。
 決して近くはないが、陸上で鍛えた脚もあるし、なにより。
 夜道の散歩が嫌いじゃなかった。
 そろそろTシャツだけでは肌寒い季節。
 ジャケット越しでもその風が冷たいのは判る。
 どこか遠くで踏切が鳴っている。
 車のエンジンの音が聞こえる。
 見えないから、音がよけいに良く聞こえる。
――…明日も晴れるといいな
 大学生になってから陸上はやめた。
 別に走るのが嫌いになったわけじゃなくて、別に何か理由があったわけでもなくて。

――なにか理由が欲しかったから、陸上を止めた。

 元々陸上選手になるつもりはない。
 だから、ここで潮時だと思ったのだ。

 ここで見る星は、隆山の星の海に比べればずっと少ない。
 明るすぎる空には星は僅かしか見えない。
 月夜でもないのに蒼く蒼くこもった夜の闇では、星は輝くことができない。

 ため息を、つく。

 気がつくと項垂れてとぼとぼと歩いている。
 自嘲の笑みを浮かべ、目を覚ますように首を振る。
 卒業したらどうしよう。
 今の研究室の教授のつてで、いくらか有望な仕事も見つかりそうなのだが。
 どうしても今の彼女には欠けているものがあった。

 何もかもがうまくいかない。
 何一つ思い通りにいかない。
 何も…もう何も手元にはない。

 後押しするための力が、欠けていた。
 空を見上げてくすんだ星々を見つめる。
 足が止まり、不意に笑いがこみ上げてくる。
――…何やってるんだろ
 お金はある。
 それなりのチャンスもある。
 大学生活は決してつまらないものではない。
 何度も思い返しても、今の自分の中にある空虚が説明できない。
――早くかえろ
 明日から大学祭。
 準備のために明日は早いのだ。
 せめてそんな小さな目的でいいから、彼女は家路を急いだ。

 学祭当日。
 いつもよりも数時間早く学校に行き、準備をする。
 彼女の研究室は大して出し物を出すわけでもなく、予定通り当日の朝だけで充分間に合った。
 だから始まるまでの間、大学の中を歩くことにした。
 彼女ぐらいの美少女を普通は放っておくような事はないだろう。
 だがやはり高校生の時と同じで、彼女に近づく男はいてもそういう関係になることはなかった。

  それが柏木の力と無関係な訳はない

 無意識のうちに彼女から身を遠ざけようとする本能的な恐怖。
 それに似たものがあるのだ。
 たとえ薄れた血だといえ。
 数人の友人と話しながらキャンパスを回る。
――…?
 妙な違和感。
 少しだけ非現実的な感覚。
 昨日までのここにはなかったはずの…
「どうしたの?」
「え?いや、うん、最後だからさ、ちょっとじんときちゃって」
 巧くごまかせただろうか?
 笑う友人の顔を見ながら、苦笑いを浮かべる。

  妙に心にひっかかるもの

――梓の通う大学の学園祭は、予定通り幕を開けた――


top index